事業買収?ライセンス契約?結局Earnout契約かな・・・

別の会社の話ですが、

他のアメリカの会社が撤退する事業の譲渡を受けて引き継ぐことになった。

先方は譲渡金額○万ドルとその後の当商品の売上の5%を

Royaltyとして支払うことを希望している。

でもちょっとおかしい。

今回は、権利や製造ノウハウの売買契約であってライセンス契約ではない。

なので、ライセンス料のように売り上げに応じたロイヤルティを

支払うこと自体矛盾している。

まず契約は、売買契約かライセンス契約かはっきりさせる必要があり、

そのうえで各条件を詰めるか。

売買契約の場合、Earnoutという成功報酬を盛り込んだ形になるかもしれないが、

とりあえず、Term Sheetで条件面を固めたうえで契約を作る方が

早いようなので、Term Sheetからの作業を開始することになりそうだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。