Jビザ

私が渡米当初取得したのがJビザですが、これは、大学や研究室などの研究員に加えてトレーニングのためのインターンが対象となります。


以前は、他のビザに比べて比較的取得し易かったのですが、最近は審査が少し厳しくなっているようです。


現地での待遇ですが、Jビザで一般企業に就業する場合、インターン(研修生)としての扱いとなりますので、いくら日本でのキャリアがしっかりしたものであれ、待遇はインターンです。


基本的には福利厚生も無く、長期の海外旅行保険などを自前で入ることになります。


しかし、仕事は周りと変わりません。


つまり、言い方は悪いかもしれませんが、中小の日系企業は、「英語はそこそこだが日本のキャリアを持つ社会人」を低価格で取得できるというのがこの制度です。


一般的に中途採用を行う場合、企業側がエージェントに紹介料を支払って人員を確保しますが、Jビザでは、アメリカで働きたい個人がエージェントにお金を支払って企業を紹介してもらいます。


アメリカに来てようやくシステムが分かりましたが、日本人が経営するアメリカの小規模な人材紹介会社がいくつもの日本のエージェントと提携しており、Jビザインターンの紹介、語学学校の紹介、ホームステイ先の紹介など、日本人の滞在をすべて手数料を取って行っています。
そのため、日本からの申込者は二つのエージェントへの手数料を負担することになってしまうのです。


日系企業は、紹介料はもちろん、ビザの費用も福利厚生も負担することなく、また、給料も格安で人員を確保できるというすばらしいメリットを享受できます。

日本で社会経験もPCスキルもあり、該当のポジションに過去のキャリアが一致している(Jビザの条件)ので、Hビザなどで新卒を採用して教育するよりも即戦力として採用できるのです。

それを逆手にとって悪用するような業者もいるようですが・・・


企業側がJビザインターンを採用する際に問題となるのは、おそらく英語力だけ。


これは日本に居る限り仕方がありませんので、企業側はある程度譲歩する。
また、応募者で英語力に自信の無い方は、「英語力」のためだけに他の要素は我慢をする覚悟が必要なのかもしれません。


ただ、紹介されるのはほとんど日系企業です。

しかも、企業といっても一般企業よりも個人経営的な組織が多く、日本語で事が足りてしまうことも大いにあり得るので恐ろしい。


裏技ですが、Jビザの審査が厳しくなるにつれ、Fビザ(学生ビザ)で渡米して学校に通い、途中でJビザに切り替えるなどの方法も利用されています。


エージェントも必死ですね。

いろいろと法の抜け道を考え出すものです。




banner_03.gif←人気ブログランキング参加中!
クリックで応援お願いします!
この記事へのコメント
大変参考になりました。
有難うございます。
Posted by ueda at 2006年08月05日 06:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。