Eビザカンパニー登録

運よく、次の就職先を紹介されたことにより、またまた浮上してくるのがビザの問題。。。


今回の会社はアメリカのベンチャーということもあり、当然ながら、ビザなどとは無関係。


上司となる投資者側の社長ですら、ビザを取らず出張ベースでアメリカにいるという始末。


ビザの種類を検討するにあたり、まずはEビザ(不安ですが)、そして、万一却下された場合には、日本のグループ会社に所属して出張ベースでの勤務とし、時機をHビザかLビザを申請をするということになりました。


そこで、まず、Eビザを取るためにはEビザカンパニーとしての登録が必要となります。


ところで、Eビザには、E1とE2の二種類がありますが、E1は、相当額の貿易額があることが条件となり、E2は相当額の投資があり、それが不動産や投機的なものではなく、実質的な投資でなければなりません。


今度の会社もE2での申請となり、審査には、投資の状況を説明する資料から決算書、資金計画、人員計画などに至るまで必要な資料がたくさんありました。

立ち上がったばかりの企業だったので、申請するための資料を集めるところからとなり、結構な時間を要すことになります。


Eビザカンパニーとしての登録を行うにあたっては、最初のビザ申請者の申請書を同時に送り、会社と本人の審査を一度に行うことになるとのことで、私の申請書も別途準備する必要がありました。


なぜ社長ではなく、私が先に申請したかというと・・・


投資額や投資先の状況を見てもビザの対象となることは明らかでしたので、実質、アメリカ人しかいない状況のうちにEビザを却下された私が先に申請するほうが、本人のビザが承認されやすいであろうということからでした。


結局、11月に入社したものの、いろいろな事情があり、2月末に東京の大使館宛に書類を送付。
ビザが下りるまでは、不安定な中、出張扱いで行き来する状況でした。


弁護士からは一ヶ月程度で何らかの回答が来るだろうとのことで、期待して待っていましたが、全く音沙汰がなく、サイトなどを確認すると最大8週間の期間を要するとか。


そして、8週間後の連絡は、追加書類・・・


即書類をFAXして、待つこと2週間、5月に入ってようやく企業審査合格、面接可能な旨の連絡がありました。


banner_03.gif←人気ブログランキング参加中!
クリックで応援お願いします!
この記事へのコメント
こんにちわ!
EVISA大変ですよね。現在私も会社を投資家から投資を得まして会社を起ち上げたのですが、オープン直前まで来てビザが降りないということになり、右往左往しています。私がCEOなので、直接投資家側の社員はきません。この場合は、CEOをしながら向こうの会社の所属になり出張扱いできるとおもいますか?
Posted by Yosemite at 2013年10月22日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。