Eビザのシステム

ビザを却下されたことにより、いろいろ勉強になりました。


まずEビザについて。


Eビザは他のビザ(Hビザ、Lビザなど)とは異なり、大使館に権限が委譲されており、移民局がアメリカ国内で許可していようがいまいが、ビザを発給するか否かは大使館の面接の際に決定される。


そのため、私のケースのように、アメリカ国内でEビザのステイタスを得ても大使館で却下されるというケースは稀なことではなく、むしろ一般的な事例だったようです。


ここ数年、Eビザの却下が相次いで発生していることもあり、日系の弁護士協会が移民局に対してレターを出すなどのアクションもあったようです。

banner_03.gif←人気ブログランキング参加中!
クリックで応援お願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。